初めて買う方にも安心のおすすめ人気シミ消しクリームを正しい知識と合わせてご紹介!

シミ消しクリームを選ぶ時の3つのポイント

泡

年齢を重ねてくると体内に活性酸素が発生するようになってきます。それで体が酸化してしまうので肌老化も進行してしまいます。肌老化が進行すると顔にシミが出てきてしまい、年齢より老けて見えてしまうようになります。年齢より老けて見えてしまうと気分が落ち込んでしまうので、顔に出来たシミを改善したいと考えるようになります。

それで、顔に出来たシミを改善するためにシミ消しクリームを購入して顔に出来たシミに塗りますが、いろいろな種類があるので人によっては、あまり効果が出ない事もあります。そこで、シミ消しクリームを選ぶ時にどのような点をポイントにすればいいのか、確認していきましょう。

●ビタミンC誘導体が配合されている

シミを消すのに有効な成分はいくつかありますが、一番有効な成分と言われているのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は抗酸化作用があるので体内に発生する活性酸素を除去してくれます。

それで肌老化が進行するのを防いでくれるのでシミを消す時も効果的です。またビタミンC誘導体はメラニンが色素沈着してしまうのを抑える作用があるので、シミが出来にくい体質にしていく事も出来ます。シミ消しクリームにもビタミンC誘導体が配合されている商品があるので、選ぶ時はビタミンC誘導体が配合されている点がポイントになってきます。

●レチノールが配合されている

レチノールは、コラーゲンなどの美容成分を生成する作用があるので、アンチエイジングに欠かせない成分と言われていますが、肌のターンオーバーを促進する作用もあるのでシミを消す時も欠かせない成分になります。

レチノールはメラニンなど古い角質層を排出して、肌全体の改善をしていく事が出来ます。シミ消しクリームにも、レチノールが配合されている商品が多いので選ぶ時は、レチノールが配合されている点がポイントになってきます。

●添加物は少なめの方がいい

シミ消しクリームは美容成分が配合されていますが、時間が経過すると効果が半減してしまう事があります。それで、美容成分の効果が長持ちするように香料や防腐剤など添加物が配合されています。配合されている添加物の量はシミ消しクリームの種類によって異なりますが、多く配合されているとアレルギー症状が出てしまい、肌トラブルが発生してしまう事があります。シミ消しクリームを選ぶ時は配合されている添加物が少なめの商品を選ぶ事がポイントになってきます。

シミ消しクリームを選ぶ時はこのような点がポイントになってくるのでしっかり頭に入れてから購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です