初めて買う方にも安心のおすすめ人気シミ消しクリームを正しい知識と合わせてご紹介!

シミ消しクリームの選び方とおすすめ

鏡をみる女性

女性は何歳になっても美に関して興味があります。美にもいろいろありますがお顔で言えばいちばん気になるお悩み、顔シミではないでしょうか?シミ消しクリームやローション、美容液とありますがこれはそれぞれの好みの問題にもなってきます。

そんな方にどれを選べば良いのか効果的かを考えてみましょう。若いうちの日差しはシミになるには時間がたくさんありますが、加齢となるとすぐシミになってしまいます。特に30代からは厳しいものがあると思います。細胞レベルで加齢がきているからです。40・50代となるともっと大変です。若いうちからシミケア対策をしたほうが良いと考えます。

レーザーでも取ることができますが経済的にも優しいほうが良いかと思います。そこで、シミの種類です。

老人性色素斑・炎症性色素沈着・ソバカス・肝斑・脂漏性角化症・対称性真皮メラノサイト―シス・遅発性両側性太田母斑・花弁状色素斑などいろいろあります。良く知られているのは、ソバカス、肝斑、老人性色素斑などでしょう。

シミを消すのに効果的なクリームの選び方のポイントは、美白有効成分配合のクリーム・自分の肌にあったクリーム・使い続けることができるクリームなどが挙げられます。

やはり、高級な物ですと予算的に続けられなくなるのも諦める原因の1つに挙げられます。美白を取り戻してシミを消したい方は、美白成分が入ったもので強力な美白効果のあるハイドロキノンがあります。でも、ハイドロキノンは市販の物ですと含有量が少なく量が決められていますので、それ以上に求められる人は皮膚科に行くと良いでしょう。

ハイドロキノンは副作用があって肌に刺激を与えます。そいったことから皮膚科の医師と相談するのがベストだと思います。ソバカスや肝斑は、トラネキサム酸が良いとされていますがこちらも含有量によって医師の診断が必要になってくるのです。

市販のトラネキサム酸の含有量ではシミを消すことまではできません。こちらも皮膚科に行って処方してもらうほうが効果的です。そのうち肝斑は外用薬のみだけじゃなく内服薬も処方されることがあるようです。そちらも合わせて医師と相談することが大切になってきます。老人性色素斑や炎症性色素沈着は市販のものでもシミを消すことが期待できます。

次にアルブチンですがこれは化粧品の美容液に良く含まれています。これは、シミの元となるメラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあるのです。自分の肌にあったクリームを選ぶときは、なるべくヒアルロン酸やセラミドが配合された保湿力の高い物を選びましょう。乾燥すると角質層が硬くなってまたシミの出来やすい肌になるからです。

長く使える化粧品を選ぶことは、高価なものを数回使って続けられなければそこで終了です。長く使ってこそ意味があるのです。予算や香りの好みもあると思いますのでまずはお試しから始めることをおすすめします。それで判断して選択するのがいちばん有効的です。